▲ トップページへ ▲ 詩の一覧

業火

やはり、炎に包まれねばならないだろう
さあぶちまけろ
自分への苛立ち
世界に対する怒り

灰になったらどうなるか
既に知っているけど
この感傷を消すためには…

2003-10-28