トップページへ過去の日記一覧



10月前半



□□□■■■■■ぐえ−■■■■■□□□
2003-10-02 (Donnerstag)


腹減ったー!
ラーメンとか牛丼とか何かガツンと食べたいのだが
220円で何を食べろというのだろう
貧乏のバカヤロウ
家ついたら8時だろうし、
それまでもちそ−にないよぅ




□□□■■■■■no title■■■■■□□□
2003-10-03 (Freitag)


確信に満ちた鼓動
明滅を繰り返す予感

キミの瞳は最高のリズムさ

行く先のどんなにひどいぬかるみを
軽やかに駆け抜けて
星まで透き通っていた空を
わすれないで

キミの瞳は最高のリズムさ




□□□■■■■■ただいま■■■■■□□□
2003-10-05 (Sonntag)


無事に返ってこれたのが嘘のよう
目の前でペットボトルに水道水を詰められても
140円だす自信がある

ひとりになって分かったことは
外気がとても冷たいこと
はやく家に帰りたくて
ふっかけられたら即座に喧嘩を買っただろう
法律違反の酒酔い運転(自転車)
まぶたは半分あいていない

自分の部屋まで辿り着いたら
布団の上に卒倒して
着替えもせずに眠るだろう
さっき見た座頭市を
もう一度みたいと思いながら




□□□■■■■■no title■■■■■□□□
2003-10-08 (Mittwoch)


もう平気だから
ここから見える曇り空が
泣き出さないように
足を早めて

空白を打ち続けるのはもう無理だね
世界との相対速度は消えて
どこに行き着くのかは
誰も知らないのだけど

誰か僕を必要としているか
あるいはしていなくても
構わない
手後れにならないように
足を早めて




□□□■■■■■no title■■■■■□□□
2003-10-09 (Donnerstag)


thy wild eyes! sweet heart...
thy wild eyes! sweet heart...
thy wild eyes! sweet heart...
thy wild eyes! sweet heart...




□□□■■■■■めったにないもの■■■■■□□□
2003-10-10 (Freitag)


オレの右手はたぶん
オレの左手が好きなんだと思う

オレのお腹はオレの口が
オレの目はオレの足が
オレの脳はオレの心臓が
オレの指はオレの髪の毛が
オレの筋肉はオレの神経が
好きなんだと思うんだ
あげだしたらきりがないけどな

オレはオレの体を愛している
こんなに思い通りに動くものは
そうはめったにありはしないぜ?

どこにだって行けるし
なんだってできるのさ

オレを運んでくれ
酒を飲ませてくれ
歌を歌ってくれ
この方程式を解いてくれ

それから
彼女の手に触れてくれ

















2003年

_____Januar..
前半+後半

___Februar..
前半+後半

____Mearz..
前半後半


_____April..
前半後半

_______Mai..
前半後半

______Juni..
前半後半


______Juli..
前半後半

____August..
前半後半

_September..
前半後半


___Oktober..
前半|後半

_November..
前半後半

_Dezember..
前半後半













トップページへ
過去の日記一覧へ